アフターサービス

検査義務に
ついて

フォークリフトは、労働安全衛生法で定められた検査が義務付けされております。

上記各検査は、フォークリフトの事故を未然に防ぐとともに、安全にご使用いただくために欠かせないものとなっております。
当社では専門知識を有したサービスエンジニアが、お客様の大切なフォークリフトの点検・修理を担当いたしており、
フォークリフトを快適にお使いいただくため日々努力しております。

サポート体制

トヨタL&F秋田ではお客様の満足を第一に考え、高品質な製品をお届けするだけでなく、優れた技術力と万全のサポート体制で安心・安全をバックアップいたします。

サポート体制に関する詳細はサポートページをご覧ください。

対象機種

フォークリフトなどの産業車両には、労働災害を防止するため法令によって定期自主検査が義務づけられています。いったん事故が起これば、部的損害だけでなく人的損害も予想されます。また、機台を安全に、長く使うためにも適切な点検は不可欠です。安全を守り、トータルコストダウンを実現するために、トヨタL&Fは点検・整備をサポートするとともに、作業の安全性をより高めるために、定められた定期点検以外にも独自の点検・整備をおすすめしています。

法令等にもとづく点検・検査

作業開始前点検 定期自主検査
月次検査 年次検査
フォークリフト
(含むウォーキー)
作業開始前点検
※1
定期自主検査
※1
特定自主検査
※2 ※3
ショベルローダー等
(2輪駆動ショベル)
定期自主検査
※2
車両系建設機械
(ジョブサン、ジョブファイター)
特定自主検査
※2 ※3
高所作業車
構内運搬車
(ローリフト、ユニエレカ等)
※4 ※4
貨物自動車
(トーイング)
クレーン
(スタッカー式を含む)※5
・0.5トン以上(自動倉庫)
定期自主検査
※2
定期自主検査
※2

※1 事業者はその日の作業を開始する前に定められた事項について点検を行わなければならない。
※2 事業者は定期自主検査を行ったときは、記録を3年間保持しなければならない。
  (違反すると50万円以下の罰金に処せられます。労働安全衛生法第120条)
※3 特定自主検査の実施は、労働省令で定める資格を有する労働者、または検査業者でなければならない。
  事業者は特定自主検査を行ったときは、見やすい箇所に検査済標章をはり付けなければならない。
  特定自主検査の資格取得は(社)建設荷役車両安全技術協会にお問い合わせください。
※4 法的な実施義務はありませんが、安全に長くお使いいただくため、トヨタ推奨の点検・整備をおこなってください。
※5 3トン以上のクレーン(スタッカー式を含む)はこれらの点検、検査に加え「落成検査」「性能検査」「変更検査」「使用再開検査」があります。